【agaクリニック東京.net】東京でAGAクリニック選びに迷われている方へ     AGAは早期治療で治ると聞いたのですが?

トップ    >    AGAは早期治療で治ると聞いたのですが?

AGAは早期治療で治ると聞いたのですが?

AGAは早期発見・早期治療を心がけましょう

抜け毛の量が気になり出したり、薄毛になってきたのではと感じた場合は、すぐに専門医院に行ってください。 それがベストなのですが、とはいえ、多くの人は少しくらい抜け毛が増えたくらいでは、あまり自覚しないものです。 周囲の人に指摘された時に、初めて自覚する人も多いのではないでしょうか。

AGAは早期発見と早期治療を心がけることで、改善度が大きく異なってきます。 このことを説明します。頭皮には毛母細胞という、毛を作っている細胞があります。 この細胞は生涯で分裂できる回数が、約40~50回と限られています。 限られている以上、分裂回数がまだまだ残っている内に、1サイクルの期間を延ばす為の薄毛、抜け毛対策やAGA治療を行うことが必要なのです。

通常の人でも、ヒトである以上、80年ほどで寿命を迎えます。 しかし重要なポイントは、人間の寿命ではなく、「毛母細胞の寿命」です。 この寿命が、なるべく自分が歳を取ってからきてもらえるに越したことはない、ということです。

毛髪には周期があります(毛周期)。成長初期→成長期→退行期→休止期という流れがあるのです。 成長期の期間が2~6年ある人の場合、毛周期を1回転する為に要する時間は、最短でも2年以上ということになります。 仮に毛母細胞の分裂が50回で打ち止め(=毛周期50回転で打ち止め)だと仮定しても、2年×50=100年ですから、 人間の平均寿命以上の活動が可能になります。

ただし、AGAによってこの周期が短くなっていると話は別です。 短くなると、 1サイクルの期間が0.5年~1年ほどになってしまうのです。回転が速くなるわけです。 早期治療は、この回転をもとのように遅くすることができます。



プロペシアの効果がはっきりしているのは「男性型脱毛症」に対してのみ

家族や友人などから「薄毛になってきていること」を指摘され、改めて自分自身で認識したという方、割と多いと思います。 脱毛症には、2種類あり、一時的な脱毛症と進行型の脱毛症に分類されます。AGAは進行型に分類されます。 したがって、早期治療で治る、というよりは、早ければ早いほど、良い効果が期待できる、という事です。

もちろん、もとのようにフサフサになる人もいれば、以前のようには戻ってはいないが、気にならないくらいまで改善したという人、 様々なケースがあるわけです。つまり個人差があるということです。 なるべく早くAGAであることを認識し、その時点から薄毛が進まないようにストップさせる必要があるのです。

今の日本には、薄毛に悩む人が大勢いるといわれています。健康で元気な人でも、 髪の毛によって容姿は大きく左右されますから、仕方のない事なのかもしれません。 今や男性の薄毛は、女性のシミやシワと同じくらい大きなテーマであり、 アンチエイジング(抗加齢)でも無視できない項目となっています。

男性の脱毛の主な原因とされているのは、加齢、男性ホルモン、遺伝の3つです。 このうち、男性ホルモンが大きく関係しているのがAGAなのです。

さて、AGAを改善するための有名な飲み薬として、プロぺシアがあります。 このプロペシアの効果が気になる人は多いと思います。 プロペシアの効果がはっきりしているのは、脱毛症のなかでも、AGA(男性型脱毛症)に対してのみです。 プロペシアを服用してから3ヶ月~8ヶ月ぐらいで頭皮の変化を実感してくる人が多いです。

男性ホルモンを抑える役割をするのがプロぺシアですので、 この薬の、女性のAGAに対しての効果や安全性は、まだはっきりとはしていないようです。 代わりに、女性用には他の薬が出ています。

無料カウンセリングを上手く利用することで、「改善のためにすべきことが」が、 今の状態よりも格段に明確になります。 本気で改善した人達は、カウンセリングを上手く利用しています。