【agaクリニック東京.net】東京でAGAクリニック選びに迷われている方へ     AGAが手遅れな時はどういう時ですか?

トップ    >    AGAが手遅れな時はどういう時ですか?

AGAが手遅れな時はどういう時ですか?

手遅れだったものも、医療的対応で治療が可能に

近年では、AGAは医療的対応で治療が可能になってきました。 たとえ薄毛になってしまっても、毛包が残っている限りは、髪の毛は太く長く育つ可能性が残っています。 ですから決してあきらめる必要はありません。

明らかにに手遅れな状態というのは、髪の毛が全くなくなり「ツルっぱげ」になってしまった場合です。 これはもう、完全に毛母細胞の寿命がきているのが一目瞭然ですので、 残念ですが、育毛ではなく、カツラや植毛の範疇になります。

ですが多くの場合は、ツルツルになる前、 抜け毛や薄毛が気になりだした段階でどうにかしたいと思う方が大半でしょう。

その時に大事なのが、自己流の治療に走らないという事です。 市販の育毛剤などが販売されていますが、いきなりそういったものに頼るのは、 治るはずのAGAが手遅れになる一因です。

まずは専門の医師による診断やカウンセリングを受けてください。 それであなた個人の個別の症状が判明します。 自己流でやりたい人も、その後でも遅くはありません。

では手遅れになる(=毛母細胞の寿命くる)ということが 具体的にどういう事なのかを次に説明したいと思います。



十分に成長しない細く短い毛髪が多くなることで

毛母細胞とは頭皮の毛根にある細胞で、頭髪をつくりだしている細胞です。 この細胞は、40回~50回の細胞分裂をくりかえすと、寿命がきて頭髪を作り出せなくなる、という特徴があります。 1回の細胞分裂のサイクルは、およそ2~6年の期間をかけて行われます。

ですから普通に考えれば、毛母細胞の寿命は人間の寿命よりも長くなるので、だれも禿げたりはしないはずです。 しかし、AGAが発症すると、この細胞分裂のサイクルが速くなります。 1回の細胞分裂のサイクルが半年から1年に早められるのです。 毛母細胞が寿命に向かい加速してしまう、ということです。そうすると、自分が生きているうちに 毛母細胞の寿命が来てしまうことも出てきます。これが手遅れになるというメカニズムです。

このほか、完全な手遅れで無くても、回復がかなり困難なケースと、割と簡単に回復できるケースがあります。 これを知っておくことも大切なことでしょう。

1本の頭髪には、ある細さになると、元には戻らない(非常に戻りにくい)という「境界線」があるのです。 髪には成長期、退行期、休止期という3つの期間がありますが、 退行期に入ってどんどん細くなっていった毛は、その「境界線」を越えると元に戻せる確率は非常に低くなります。 逆に、境界線に入る前では、元に戻せる可能性が高くなります。

男性型脱毛は、思春期以降の男性になら誰にでも生じる可能性があります。 早い段階で治療できるように、「自分は問題ない」とたかを括らないことが一番大切です。

無料カウンセリングを上手く利用することで、「改善のためにすべきことが」が、 今の状態よりも格段に明確になります。 本気で改善した人達は、カウンセリングを上手く利用しています。