【agaクリニック東京.net】東京でAGAクリニック選びに迷われている方へ     AGA治療にかかる費用を知りたいです

トップ    >    AGA治療にかかる費用を知りたいです

AGA治療にかかる費用を知りたいです

プロぺシアを飲んで治療した場合(飲み薬)

プロぺシアは、AGAの改善率が非常に高い医薬品です。 ですのでここでは、「AGA治療を行う = プロぺシアを飲む」という前提で考えることにします。

プロぺシアは、飲み続ける必要があります。 途中でやめると、すぐにではないですが、いずれ元に戻るからです。 ですから継続使用を前提に費用を見積もる必要があります。

プロぺシアの値段は、医療機関によって異なりますが、大まかな相場は存在しています。
だいたい、1ヶ月で7,500円程度です。
(ちなみにプロぺシアとはフィナステリドという成分を含んだ飲み薬の、商品名です)

さらにこれに、診察料金がかかってきますので 概ねどこの病院・クリニックでも
10,000~15,000円/月の間で治療費を設定しているケースが多いです。

そして、このプロぺシアは、日本国内では医師からの処方せんがないと入手することができません。 (海外から個人輸入することも可能ですが、その場合は副作用が出ても自己責任となります)



ミノキシジルで治療した場合(塗り薬)

ミノキシジルとは、商品名ではなく、成分名です。この成分を頭皮に直接塗ることで AGA治療に大きな効果を発揮します。

ミノキシジルを含んだ商品(医薬品)としては、リアップとロゲインが有名です。 商品ごとに価格差は多少存在しますが、概算でいうと、1ヶ月7,000円前後です。

リアップは医師の処方がなくても、薬剤師のいる薬局で手軽に入手することが出来ます。 しかし医薬品に当てはまるので、通信販売では買えません。 (どうしても通販で買いたい場合は、プロぺシアと同じく海外からの個人輸入となります)

ロゲインはプロぺシアと同じく、日本国内では病院で処方してもらう必要があります。 (同じように、リスクがありますが個人輸入で海外から購入する方法もあります)



プロぺシアとミノキシジルを併用した通院が一般的

AGA治療で多い治療方法の1つは、上記の2つの薬を併用する方法です。 通院しながら、専門家の判断を仰ぎながら経過を診断してもらいます。

薬だけを個人輸入で購入し、費用を安く抑えたいという人もいます。 その気持ちは分かるのですが、AGA治療は長い期間の治療が基本です。 1,2ヶ月で症状が大きく改善するという事はまずありません。

ですので、専門医の診察なしに、自己流でやってしまうのは、費用の安さ以上に大きなリスクがあります。 それで上手くいかなかった場合に、お金がと時間が無駄になる以外に、その期間AGAが進行してしまうからです。

例えば、ある程度、通院し、その後で個人輸入をするのであれば、リスクはずっと低くなると思います。 治療の初期は、通院から始めることをお勧めいたします。 その分が費用を高くしてしまうわけですが、それでも安心と信頼がある分、 余計な不安を抱く事なく治療に専念できるからです。

もちろんそのためには実績がある、信頼できる病院やクリニックを選ばなければなりません。 一般病院の皮膚科でも、AGA治療に対応しているところは多いですが、 私はAGA専門のクリニックをお勧めいたします。 実績や研究の深さなどに大きな違いがあるからです。 都内でおすすめのクリニックは、このページの下にあります。

併用すると、それだけ費用もかかるわけですが、 AGAの治療は進行状況によって様々ですので、大まかな目安として考えてください。

進行状態によっては薬剤を頭皮に直接注射する方法もあります。 治療期間はおよそ1年が目安ですが、開始から4カ月~半年ほどで発毛が実感できるケースが90%以上と高確率です。 毛量を回復したら、どこまで続けるかは患者さんの判断次第になります。 効果が高い分、注射は飲み薬や塗り薬よりも費用は高額になります。

無料カウンセリングを上手く利用することで、「改善のためにすべきことが」が、 今の状態よりも格段に明確になります。 本気で改善した人達は、カウンセリングを上手く利用しています。