【agaクリニック東京.net】東京でAGAクリニック選びに迷われている方へ     AGA治療はどのくらい継続しなければいけませんか?

トップ    >    AGA治療はどのくらい継続しなければいけませんか?

AGA治療はどのくらい継続しなければいけませんか?

根気良く治療を継続することがポイント

AGAは継続した治療が必要な症状です。 ではどの程度の期間、通院や治療を続けなければならないのでしょうか?

これは、個人差があり、全員に共通した期間というものは存在しません。 ただし一般的な目安はあります。最低でも、半年~1年程度は、治療を継続する必要があります。 まれに3ヶ月ほどで、額に産毛が生えてきたりする人もいるようですし、 個人のAGA進行具合や体質、遺伝、フィナステリドの感受性(アンドロゲンレセプター遺伝子のDNA検査による) などによっても変わってきます。

ですから、半年~1年程度治療を継続し、そのときの効果の表れ方を確認してみてください。 AGA治療は早期発見・早期治療が大切ですが、1度治療すると決めたらあとは「焦らないこと」が大切です。 どっしりと構え、専門医のアドバイスに従い、じっくりと着実に治療していってください。

また、治療方法によっても効果が出るまでの期間に違いがあります。

AGAの治療薬として、飲み薬としては、プロペシア(成分名:フィナステリド)、 塗り薬としては、ロゲインやリアップ(成分名:ミノキシジル)が有名です。 さらに頭皮にミノキシジルを直接注射するという治療法もあります。

これらは単体ではなく、複合的に組み合わせて治療することも多いです。 その他にも、どれだけ生活習慣を見直せるか、頭皮マッサージやAGAに効く育毛シャンプーなどの 頭皮ケアなどをどこまでできるかによっても、差が出てくると思います。

期間は目安程度に考えて、経過を観察しながら治療していくことが大切です。 特に初期の段階は例え薄毛改善が実感できなくても、根気良く治療を継続することがポイントです。



気にせずに薬を飲み続けることが大切

薬には副作用がつきものです。副作用の出方も個人で差がありますが、 例えば、フィナステリドの副作用としては 「治療開始初期の段階で一時的に脱毛の進行が見られる」ことがあります。

これはまれにおきる副作用の1つですが、焦って使用を中止する必要はありません。 治療を継続することによって、治まってきます。

ただし、抜け毛がふえた場合に、それが副作用によるものであれば問題ないのですが AGAが進行したことによるものであれば、問題です。

この判断は担当医と二人三脚で、経過を観察しながら確かめるとよいでしょう。 そのための担当医でもあるわけですから。

ちなみに、薬の使用をやめると、すぐにではありませんが、 時間とともに元に戻ってしまいます。 AGAとはうまく付き合っていく必要があるのです。

無料カウンセリングを上手く利用することで、「改善のためにすべきことが」が、 今の状態よりも格段に明確になります。 本気で改善した人達は、カウンセリングを上手く利用しています。